きつね丼 の きつね小屋

文字サイズを変える
文字サイズ大文字サイズ中
本文へジャンプ

    スクエアダンスきつね丼流SD解説

     
この解説は、あくまでもきつね丼流の解釈であって、S協公認の解説集ではありません。
 あくまでも、ジョークで作成しているものです。ご了承ください。
 この解説集の、意味をそのままご利用になった場合、世間から後ろ指を指される事は、間違いない事と思います。
 つきましては、この解説集をご利用になって、万が一にも、あなたが世間から後ろ指を指される状況になりましても、きつね丼には一切の責任はないものとさせていただきます。
 「利用したため、世間から後ろ指を指された」等の、苦情などは一切、受け付けません。
 順次、解説集の内容も増やしていく予定でいます。
     

あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行・ん  英数字  

     
【あ行】
     
  アンコール
    パーティのラストチップでの、シンギングの2曲目以降のこと。
必ず、ゲストコーラーはアンコールのシンギングをするという、お約束になっている。
しかも、アンコール用のレコードは手元に用意されている。
ダンサーが、アンコールを求めているのか?コーラーへの義理でアンコールと言っている?のかは、きつね丼には解らない。
むしろ、ゲストコーラーの方からアンコールを要求しているとも思える。

でも、たまには「アンコールを求めない」とか、「アンコールを何曲も求める」ということをしてみたい。
ただし、後者の場合ダンサーにかなりの体力が要求されることには間違いない(体験談)。
あと、アンコールはなぜかシンギングばかりのようだが、一度くらいアンコールの時にハッシュコールをしてもらいたい物である。
 (アンコールで、ハッシュコールを経験された方はご連絡ください)
     
  おみやげ
    外部パーティの主催者側や例会に押し掛けるときに、持っていくものである。
別に手ぶらで行っても良いのだが、セレモニーの時などで紹介してもらえると優越感に浸れる。
もらう側からすると、相手方の名産品などがうれしい。
特に、簡単にみんなで分けられる物が良い。
切り分けをされていない、ようかん・カステラ・ケーキなどの場合、分けるのに苦労する場合がある。
また、配分等でのもめ事を避ける為にも、相手先の人数に合わせた個数の物等を持っていくようにしたい。
     
TOPへ
     
【か行】
  固まる(固まってしまう)
    ダンスの途中で動けなくなってしまった状態のこと。
きつね丼は、例会・パーティでのラウンドダンスタイムによく陥る状態。
     
  壁のシミ
    男性ダンサーが、踊らずに休憩している状態を表す言葉。
壁ぎわで、張り付いている状況からこのように言われるらしいが、語源はさだかでない。
また、女性ダンサーが踊らず休憩している状態を「壁の華」と言うため、それに対比して言われているとも考えられる。
「壁のシミ」という表現は、間違っても女性ダンサーに対して使用してはいけない言葉である。
     
  壁の華
    壁のシミ」が、男性ダンサーが休憩している状況を表すのに対して、女性ダンサーが休憩しているときに、使われるのがこの言葉である。
壁ぎわにいる姿が、華やかだからこのように呼ばれる。と、思われる。
男性ダンサーに対して、使われることは滅多にない。
     
  キーセット
    コーラーさんがコールする際、目印にするスクエアセットのこと。
ごく希に、ダンサーがセットを壊してしまうことがある。
その場合、コーラーさんの動揺が、コールを通じて伝わってくる事がある。
きつね丼がいるセットを、キーセットにした場合セットを壊されることがよくある。
(きつね丼の場合、確信犯です)
     
  キュアー
    スクエアダンスでのコーラーさんにあたる人。
ラウンドダンスを踊る際に指示を与えてくれる人のことを、キュアーと呼ぶ。
キュアーさんがいないとラウンドダンスが踊ることができない。
ラウンドダンスの苦手なきつね丼にとっては、異国語を話す人とも思えるが、スクエアダンスコーラーさん同様、悪い人はいない。
  ゲストコーラー(キュアー)
    パーティ(アニバ)等を開催する際に、他のクラブ等にお願いしてきてもらうコーラー(キュアー)のこと。
外部からのダンサーに来ていただくための、目玉商品になることが多い。
     
  コーラー
    スクエアダンスを、踊るときダンサーに指示を与える人で、スクエアダンスを踊る際必要不可欠な人である。
ごく希に、スクエアセットをもとの状態に戻せないことがある。
その場合、ダンサーからブーイングを浴びる羽目に会う。
また、ダンサーがスクエアセットを壊した場合でも、その責任を押しつけられることがある。(きつね丼がよくやるパターンです)
     
TOPへ
     
【さ行】
  初心者講習会(初心者教室)
    ビギナークラスの項を、参照していただきたい。
     
  スクエアダンス
    清水書院発刊の「清水新国語辞典」で調べると、
スクエアダンス【square dance】 [名]四人あるいは八人で組んでおどるダンス。
と書かれていました。
ビギナークラス用のテキストなどに詳しい解説が載っているので、そちらを写そうかとも考えたが、スクエアダンスを知らない人には解らないと思うので、やめました。
国語辞典の内容に【8人が「コーラー」と呼ばれる人の指示によって踊る】、と言うのを付け加えておきたい。
SDと、表されることの方が多い。
「これではよくわからない」と言う方は、実際にスクエアダンスをみてもらい体験してもらうのが一番である。
一度、「スクエアダンス」にのめり込むと抜け出せない楽しいもので、SD沼である。
「これでは、解らない」と言う方は、スクエアダンスに関して詳しく説明してあるホームページがありますのでそちらを参考にしてもらいたい。
また、スクエアダンスと一緒にラウンドダンスというのも踊られている。
     
  セットを壊す(セットが壊れる)
    この場合は踊っている途中で、スクエアセットを壊すことで、 「セットをつぶす」と、言うこともある。
基本的には、ダンスが継続できない状態となってしまう、事を表している。
きつね丼が、よくやること。
コーラーに責任がある場合、全てのセットが壊れるはずである。この場合には、おもむろに、コーラーさんにブーイングを浴びせるのが礼儀?である。
また、ダンサー側に責任があると思われる場合には、コーラーに責任をなすりつけるのが、きつね丼の常套手段である。
また、1チップ終わった後でも、この言葉を使う。
     
  スナックコーナー
    スクエアダンスのパーティ会場で、お茶やお菓子などが用意してある場所のことである。
豪華なケーキや、フルーツ類が置かれる場合には、タイムサービスとなる場合が多いので、油断すると食べそびれるため、こまめにチェックしなくてはならない場所のことである。
     
TOPへ
     
【た行】
  ダンサー
    ここでは、スクエアダンスラウンドダンスを踊る人を指す。
コーラーさん・キュアーさんがいないと、踊ることができない哀れな人たち・・・・・。のはずであるが、さだかではない。
     
TOPへ
     
【な行】
     
TOPへ
     
【は行】
  ビギナークラス
    スクエアダンスを全く知らない人に、スクエアダンスを教える講習会である。
スクエアダンスをはじめるための登竜門でもある。
ビギナークラス開催前には、ビギナー生獲得のため、奔走させられる。
ビギナー生の勧誘方法は、マルチ商法に似ているかもしれないが、悪徳商法ではないので、間違えないで頂きたい。
また、ビギナークラス中は、ビギナー生を「SD沼」に引きずり込むべくレギュラー陣は、努力している。と、思う。
     
  ベーシック
スクエアダンスの、レベルの一つである。
ベーシック・メインストリーム・プラス・アドバンス・チャレンジなどのレベルがある.。
ビギナークラスでは、ベーシックのみを教えメインストリームは、会員レベルとして例会で教えるところもある。
     
TOPへ
     
【ま行】
  メインストリーム
    スクエアダンスの、レベルの一つである。
ベーシック・メインストリーム・プラス・アドバンス・チャレンジなどのレベルがあるが、ビギナークラスのテキストなどには、「メインストリームまで踊れれば、全世界で踊れる」と、言うようなことが書いてあるらしいが、きつね丼はまだ海外に行ったことがないのでその真偽を確かめられていない。
     
TOPへ
     
【や行】
     
TOPへ
     
【ら行】
  ラウンドダンス
    スクエアダンスと一緒に、踊られる。
こちらは、国語辞典には載っていなかった。
スクエアダンスと違い、二人で組んで踊る。
こちらは、「キュアー」と呼ばれる人の、指示によって踊られる。
分からない人に理解してもらうのには、やはりSD同様、実際に見てもらうのが一番である。
RDと、表される方が多い。
きつね丼は、苦手であるため、ラウンドダンスタイムには壁のシミと化している。
     
  ラストチィップ
    パーティ(アニバ)での、最後のチップ。
必ず、ゲストコーラーはアンコールのシンギングをするという、お約束になっている。
しかも、アンコール用のレコードは手元に用意されている。
ダンサーが、アンコールを求めているのか?コーラーへの義理でアンコールと言っている?のかは、きつね丼には解らない。

でも、たまには「アンコールを求めない」とか、「アンコールを何曲も求める」ということをしてみたい。
ただし、後者の場合ダンサーにかなりの体力が要求されることには間違いない(体験談)。
     
  乱入
    自分の所属サークル以外の例会に押し掛けること。
ごくまれに、乱入しようとして出かけると、臨時休会なんて事も・・・。
事前に、訪問先のサークルに、例会の予定などを聞いておく方がいいでしょう。
また、部外者の例会参加お断りというサークルもあるらしいので、こちらも確認した方がよろしいのではないでしょうか?

でも、こんな事していたら「乱入」にはならないのかしら?
予告無しするから「乱入」なのだもんね。
     
TOPへ
     
【わ行・ん】
     
TOPへ
     
【英数字】
  FDANCE
    大手商業ネット(IPS)である、@niftyのパソコン通信時代を象徴する『フォーラム』のうちの一つ『ダンスフォーラム』のことで、インターネット化された現在ではすでにない。
GOコマンドで、「GO FDANCE」で、行くことができるため 「FDANCE」 と表された。
スクエアダンスラウンドダンスに関しては、13番会議室にて扱われてた。
きつね丼も、かつては、ここの住人であった。
     
  MS
    ここでは、あくまでもスクエアダンスのレベルの一つである、メインストリームのことを指している。
「Micro Soft 社」「MS-DOS」のことを指しているわけではないので、間違えないでほしい。
     
  SD
    ここでは、当然の事ながら、スクエアダンスのことである。
この場合のSDとは、間違っても、デジカメや、携帯電話・音楽プレーヤーで使われている、SD(Secure Digital) メモリーカードの事ではない。
     
  SD沼
    スクエアダンスに、のめり込んでしまった状態を表しています。
一度足を踏み入れると、なかなか抜け出せない底なし沼のようなものはずだが、ごく希に抜け出してしまう人もいる。
     
  S協
    一般社団法人 日本スクエアダンス協会のこと。
これ以上の解説は、必要ないと思っている。
     
  RD
    こちらの方も、SD同様に、当然の事ながら、ラウンドダンスのことを指している。
     
TOPへ